復縁のきっかけになったある一言とは?

ある一言がきっかけで復縁することができた

 

復縁 一言

 

復縁エピソードにはこんな話も時々あります!

 

例えば、ケンカ別れのケースでは

 

「自分が悪かった」

 

というような一言が復縁のきっかけになることもあります。

 

プライドが邪魔してなかなか自分の非を認められなかったのが、
折れて自分の非を認めることで元カノ(元カレ)の感情を変える可能性もあります。

 

復縁 一言

 

他にも

 

「今まで気づいてやれなくてゴメン」

 

というように相手を思いやる一言など、
そういった言葉により復縁が上手くいくエピソードもあります。

 

しかし・・・

 

ある一言で復縁できるケースは稀です

 

正直、言葉や一言にはじめから頼ることはあまりおすすめできません。

 

復縁のコツは言葉よりも・・・

 

上で紹介したように、
ある一言が大きく仲を進展させるケースもあります。

 

しかし口だけでは根本的な問題は解決しないことが多いです。

 

仮に一言により復縁が成功した場合でも、
根本的な問題が解決していないことには
またすぐに別れる結末になってしまうことが殆どです。

 

単純な例で言えば、浮気が原因で元カノに振られたケースで

 

「もう浮気は絶対にしない。別れて君が一番だと気付いた」

 

という言葉が元カノに深く伝わって復縁できたとします。

 

しかし、それが口だけになってまた浮気をしてしまえば
今度は完全に幻滅されて振られることになってしまうでしょう。
そうなっては次は余計に復縁することが難しくなってしまいます。

 

復縁のコツは言葉よりも本当の意味で自分が変わることです。

 

言葉や会話も重要なのは言うまでもないのですが、
それだけに頼ろうとすると復縁は失敗します。

LINEメールのテクニックだったり会話テクニックなど、

復縁にも様々なテクニックがブログや本で紹介されていますが、
それを真似しても失敗してしまう人は多いので注意してください。

状況に合った復縁の一言は?

 

それでも最初に紹介したエピソードのように、
ある一言など言葉が復縁にきっかけになることもあります。

 

とは言ってもそれを真似すれば良い訳ではありません。

 

状況に合った言葉を選ばなければ意味がないですよね?

 

ブログやマニュアルで紹介されたメール文章のテンプレートなど、
そういったものを真似して見当違いの言葉を元カノ(元カレ)に送ってしまう。
そんなことをしてしまうと復縁は難しくなってしまいます。

 

そこで失敗しない言葉、一言を選ぶ為には
小野田ゆうこさんの復縁相談がおすすめです。

 

あなたの状況に合わせてLINEメールの文章の内容など、
会話での注意点など細かくアドバイスしてくれます。

 

復縁エピソード

 

状況によっては「今は距離を置くべき」というように
アドバイスされることもあるかもしれませんが、
つまりは復縁する為の最善策を教えて貰うことができます^^

 

LINEメールの文章など細かなことを
アドバイスしてもらい、実行したことによって
復縁のきっかけにできた相談者さんも多いです。

彼女に振られてしまい、復縁したくてもLINEの返事を貰えず、電話にも出て貰えない状態でした。

 

それでネットで知った小野田ゆうこ先生の相談を試してみたことで、彼女に送るLINEのアドバイスを貰いました。

 

既に何度かLINEを送ってもずっと返事を貰えていなかったので、彼女にまたLINEを送るのは正直少し抵抗があったのですが・・・

 

何とそのLINEを送ったことで彼女が「復縁してもいい」というような内容の返信をくれたのです!

 

送ったLINEは簡潔に今までの謝罪や付き合っていた頃の感謝の言葉を綴った内容で、復縁したい気持ちは書いていなかったのですが、まさか返事をくれるだけでなく、復縁が叶う結果になるとは思いませんでした。

 

自分は当然ですが復縁したい気持ちを伝え、そして復縁することになりました。小野田先生に相談してみて本当に良かったです。

このように、
小野田ゆうこさんへ相談したことがきっかけで
復縁に成功できたというエピソードも本当に多いですよ!

 

復縁 一言

 

嫌われた後復縁 復縁するための無料相談の詳細はこちら

 

無料相談できますし、私も相談したことで
復縁することができたのでおすすめです。

 

こちらで復縁相談の体験談や詳しいレビューを書いています。
気になる場合は参考になると思うので読んでみてください。

 

復縁エピソード 復縁失敗から復縁成功へ導くアドバイス 専門家への相談

 

あなたも復縁できることを願っています。

 

この記事の最終更新日:2019年11月12日