別れるのは自分の問題と言われて振られたケースの復縁

相手に振られて別れた場合であっても

 

別れるのは自分の問題

 

というような理由で元カレ(元カノ)に
振られてしまったというケースもありますよね。

 

復縁 別れるのは自分の問題

 

表向きは相手の問題で別れたケースとなりますが、
このようなケースはどんな復縁方法がうまくいくのでしょうか?

 

以下より解説していきます。

 

復縁エピソード

 

元カレ(元カノ)の本当の気持ち(本心)は?

 

「自分自身の問題」とか「自分じゃ幸せにできない」など
相手に言われて別れた場合、

 

相手の本当の気持ちは?

 

ということが復縁成功の大きなカギとなってきます。

 

元カレ(元カノ)が「別れるのは自分の問題」と
本心では話していない可能性もあるということです。

 

例えば

  • 元カレの仕事が忙しくなって恋愛する余裕がなくなった
  • 元カノがうつ病になってしまった

など本当に相手自身の問題の場合もありますが・・・

  • あなたを傷つけない為に「自分の問題」と言った
  • あなたのダメ出しなどで自信を失ってしまった

など本当の気持ちは別にあることも多いです。

 

つまりは相手の優しさゆえの言葉であったり、
原因の根本はこちら側にある可能性もあります。

 

復縁する為に本当の別れの原因を考える

 

別れる少し前など、自分に問題はなかったのか?
ということを一度じっくり考えてみてください。

 

相手の本当の気持ちが見えてくるかもしれませんし、
それにより復縁の為にやるべきことも見えてくるはずです。

 

相手を傷つけるような発言が多かったり、
相手の話に共感することや褒めることが少なくなっていた・・・

 

そういった心当たりがあるのであれば、
やはり根本の原因はこちら側にあるのかもしれません。

 

復縁 別れるのは自分の問題

 

そういった問題点を改善させてからもう一度
元カレ(元カノ)と接していくことができれば、
復縁できる可能性も大きくなっていくはずです。

 

もちろん、本当に相手自身に問題があるというのであれば、
しばらく距離を置くなど相手が変わることを
ゆっくり待ってあげることが必要になることもあります。

 

元カレ(元カノ)の本心がどうであれ、
「自分で別れを選んだ」というのは事実ですし、
決して元カレ(元カノ)のことを責めてはいけません。

相手の気持ちを尊重してあげて、

気長に待つことが復縁成功に繋がるでしょう。

絶対に相手の気持ちを否定してはいけませんし、
連絡を取ることがあるなら応援してあげましょう。

 

成功率の高い復縁方法は?

 

復縁の成功率が高い方法というのは
自分の状況に合った復縁方法ということになります。

 

例え多くの人がうまくいった方法であっても、
それが自分の状況にマッチしなければ逆効果になる恐れがあります。

 

そこで自分の状況にマッチした復縁方法を知る為に、
復縁セラピストの小野田ゆうこさんへの相談がおすすめです。

 

復縁エピソード

 

どんな状況であっても、これまでの相談経験なども考慮しながら
最適と思われる復縁方法をアドバイスしてくれます。

 

相談実績は10万件以上なので説得力もありますし、
実際に多くの相談者が復縁に成功されています!

「別れるのは自分の問題」

 

と言われて彼に振られてしまいました。

 

何が問題なのかハッキリと彼は教えてくれず、
私は復縁したくてもどうしたらいいのか分かりませんでした。

 

そこでファッション雑誌で知った
小野田ゆうこ先生のメール相談を試してみたのです。

 

別れ方や別れる前のことなど詳しく伝えたことで、
私に合った復縁方法やテクニックをアドバイスして頂きました。

 

その通りに私は行動したことによって
約半年で彼と復縁することができました。

 

距離を置く期間のことや、彼に送るLINEについてなど、
具体的なこともアドバイスしてくれたので、
迷わずに行動していくことができました。

 

そして一つ一つのアドバイスがどれも効果的で、
最初は彼は私を避けているようでしたが、
アドバイスを実行していくにつれて
少しずつ私を受け入れてくれるようになっていきました。

 

相談に乗って頂き本当に感謝しています。

実際にこのような体験談もあります!

自分だけで考えて行動するのではなく、
専門家に相談してベストな復縁方法を教えてもらいましょう。

復縁のコツ

 

初回無料ですし私も相談して復縁できた一人なのでおすすめです^^

 

嫌われた後復縁 初回無料の復縁相談の詳細はこちら

 

あなたも復縁に成功することを心から願っています。

 

この記事の最終更新日:2019年11月10日